「『九条の会』アピールに賛同する十勝の会」結成
九条を守る熱い思いを語る

 戦争の放棄と戦力の不保持を定めた憲法九条、この憲法を変える動きが強まる中、ノーベル賞作家の大江健三郎さんや作家の井上ひさしさんら九人の著名な方々による「九条の会」アピールが、大きな反響を呼んでいます。
 こうした中、十勝では去る十二月二十一日、十勝在住の十四名の方によって「『九条の会』アピールに賛同する十勝の会」が結成され、記者会見が行われました。
 最初に事務局の金倉俊嗣さんから「思想、信条の違いをこえ、憲法九条を守ろうの一点で集まり、 『九条の会』アピールの賛同を広めることになつた」と趣旨を説明。その後、「戦争に行くのは若い人、残されるのは女性。今の憲法は死守したいと思う。」 「戦争放棄を定めた世界的に貴重な憲法は、身を挺してでも守らなければならない。」「憲法にうたわれた人権の尊重、平和主義は守らなければならない。特に世界に誇る憲法九条を守ろうと、声を大にして言いたい。」など、記者会見に参加した七名の方がそれぞれ憲法九条に対する熱い思いを語りました。

「『九条の会』アピールに賛同する十勝の会」は次の方々です(敬称略)
安達愛子(帯広つくし会会長)
有賀秀子(帯広畜産大学名誉教授)
大高徳照(浄土宗大然寺住職)
桐本恒雄(帯広バプテスト教会牧師)
小林翆山(書家)
斉藤道俊(弁護士)
齋藤裕(社会福祉法人真宗協会専務理事)
高宮裕(元帯広北高等学校学校長)
田中光俊(ギタリスト)
長谷部謙造(元中学校長)
野崎政-(元帯広市教育長)
丸山純孝(帯広畜産大学名誉教授)
三浦勝雄(元音更町農業協同組合組合長)
三浦弘之(コープ十勝理事長)
事務局 金倉俊嗣(書家)
2004_12_21

よびかけチラシ(PDFファイル)


[ Go Back ! ]