紀元節の復活と天皇の元首化に反対し、思想・良心の自由を守る
2・11十勝集会
【と き】 2003年211日(月) 午前9時30分〜11時30分

【ところ】 とかちプラザ視聴覚室
(北海道帯広市西4条南13丁目 0155(22)7890)

【内 容】

  1. 提  言
    「イラク攻撃の背後に見える、危険なねらいと建国記念日」
     横山 傑 氏(高教組十勝支部書記長)
  2. 自由討論
    近年の日本における、一貫した右傾化の流れの中で、市民のとして何をすべきか考える
【参加費】 一般500円 (高校生以下は無料)
Suguru Yokoyama
横山 傑 氏
 国際法を無視して、国際世論の反対を押し切って、イラク攻撃しようとしているアメリカと、憲法を改悪してまで「戦争をする国」を目指し、アメリカの追随してその攻撃に参加しようとする自・公・保の小泉連立政権の意図することは一体何何なのでしょうか?
 また、戦後、「建国」記念日を制定したことなどに象徴される一貫した日本の右傾化の流れの中で、私達は現在の状況をどのように考え、また何をすべきなのでしょうか。
 今こそ、「紀元節復活」反対の原点に立ち返り、今後の運動のあり方を考えるため、平和と民主主義を願うすべてのみなさんの参加を訴えます!
(よびかけより)

◆主催 2003年度2・11、5・3十勝集会実行委員会
◆事務局団体 平和を守り、思想・良心の自由をかちとる市民の会
◆連絡先 高教組十勝支部(北海道帯広市大通南3丁目 電話 0155(22)7737)

[ Go Back ! ] [ 2002 2.11十勝集会 ] [ 2001 2.11十勝集会 ] [ 2000 2.11十勝集会 ] [ 1999 2.11十勝集会 ] [ 1998 2.11十勝集会 ]